恐らくは我家

先日国内循環会社も有名になっている転回寿司へ家族で行きました。長男といった次男が無類の刺身好きなので毎月1回は行くようにしています。
何より二人の好きな題材がサーモンなのです。私も奥さんもサーモンはきちんと好きな題材では無く、家でも出現する事が乏しいのにどうしてなんだろうとしていらっしゃる。そんな両人が転回寿司へ行くといったサーモン争奪戦が始まるのです。
レーンから流れてくるサーモンは私の物だと言わんばかりに取り合うのです。恐らくは我家によって後ろのレーンの方へは1皿もサーモンが流れて行っていないと想う近辺摂るのです。
そうして各回「これ私のだから」と兄妹騒動を始めるのです。
4歳になる次男は長男にサーモンを取られてしまいしょっちゅう泣かされていらっしゃる。しかも次男はサーモンしか食べないのでシャリはわたしや奥さんが担当する箇所になってしまうのです。せっかく転回寿司に来ているのに私達は酢ご飯ばかりを食べおなかがいっぱいになって帰ってしまっています。
家でサーモンの刺身を買って食するか?と聞いても「取り除ける」と答えるので転回寿司にくるが、決して意味が無いように思っていらっしゃる。恐らくは転回寿司のレーンや形勢が子供たちにとりまして歓びとなっているのではと思いました。
自己破産 弁護士 埼玉県越谷市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です